時間の話

ブログブームなのか何なのか?

最近、周りで『ブログを書きはじめましたよ!』という人が多い気がするので便乗しますね。というかただ更新してなかっただけなのでアレですが笑

昔は暇さえあれば書いていたブログ、日々を書き作ることで生きた証を残していたように思う。

では、なぜそれをしなくなったのか?

『そんなことをしなくても生きた証を残せているからだ』と声を大にして言いたいところだが日々を書き作ることに充てる時間がなくなったのが原因であろう。

 

過ぎ行く時の流れに忙殺され、抗えず、荒波に揉まれていってしまった結果『生きた証を残すという習慣』が削がれてしまったのです。

しかし時間というのは作らなければないもの。

 

我が母上はよくこんなことを言っていた・・・『忙しいのはみんな一緒』

先ほど書いた『時間は作らなければない』も母上からの受け売りだ。

※母は健在ですよ笑

 

他にも『忙しい事はいけないことだ』と大学時代に教授から言われたことがある。

 

私「ーお忙しいんですね」

教授『忙しいね・・・うん?あ、忙しくない』

私「え?」

教授『忙しいっていうのは“心を亡くす”って書くでしょ?心は亡くしちゃいけないだから忙しくはないんだ』

 

 

歩きながらの会話であったが妙に腑に落ちて、以降『忙しい』と言うのを止めようと思った。

つい言ってしまうが、心にこの言葉はずっとある。

無くしたくない気持ちである。

 

 

それに忙しい人・・・いや“時間に制約がある人”ほど時の使い方が上手いように思う。

決して忙しいって言わないし、時間を作ることに長けている。

『忙しいから無理』って何かにかこつけて『忙しい』という単語を乱発する人は時間の使い方が下手でそういう人とは永遠に予定が合わない。

だって合わせるつもりがないですからね。

それを連発してる時点でもう「お前のために作る時間はねー!」ってことですよ。

タンメンも食わせてもらえないみたいなんで自分で作ろう(謎)

 

 

結びとして・・・

時を制する者は世を制する者だと思います(謎~)

 

 

わたくしが人間的に好いている幾人かの人は必ず時間を作ってくれます。

ある人は言った…

 

「最近、忙しい?」

『忙しいのはみんな一緒だからね』

 

こういう人と友達でよかったなって、思いました。

終わりです。