あなたにとって「ライブハウス」はどんな場所ですか?

タイトルの通りのことを珍しく書いていきたいと思う。

 

わたくしにとってライブハウスとは自由な場所だ。

来る人拒まず、去る人追わず。

出入り自由、誰に規制されることも束縛を受けることもない、

むしろそんなことあってはならないフラットな場だと思っている。

 

ただ、今だからこそ、こういう考えができるようになったが、

元々自身の勝手な思い込みから「ライブハウス恐怖症」を患いライブハウス自体に行くことなんてなかった。

そう、あの重い扉は重い扉でしかなくハードルの高い場所だった。

 

ちょっと待て「ライブハウス恐怖症」ってなんだよ?!って話なんですが

要する全く知らない(触れたことがなかった)世界のことだったので、

想像ばかりが膨らんで生半可な気持ちで行くと「殺される!」とか、とにかく「怖いイメージ」があったんだ。殺されたりなんかしないのに(あたりまえ笑)

 

それがいまとなっては単なる思い込みだったってことはよく分かるし、

その場に連れて来てくれた(来る勇気をくれた)某アーティストには感謝している。

 

なによりもライブハウスに行けるようになってよかった。理由はたくさんある。

「見識が広がり見えてなかった世界も見えて来た」

そこに在る「いい音楽」や、そこに集う「いい人たち」とも出会えた。

この出会いというのは本当に、自分の人生を大きく変えたし、豊かにしてくれた、ある種「事件」だ。

 

しかし、こういう類の出会いというのは「自らが何かアクションを起こさなければはじまらない」ことだし、ちょっとした勇気や一歩が重要になってくる。

 

だからこそライブハウスはフラットな場じゃないといけないと思う。誰にとっても。

「重い扉は重い扉でしかなくハードルの高い場所」であってはいけない からだ。

 

わざわざこんなことを声高に書いたのには理由があるんだ、聞いてほしい。

ここからが割と重要な話。

 

少し前にライブハウスは「頑張って通う場所」というようなニュアンスの話を押し付けられた。

正直言葉は悪いが「はあ、なんだコイツ?」って思ったのをハッキリ覚えている。

ライブハウスは自由な場所であって「頑張って通う場所」ではない。

 

(最優先事項であり中心ではあるけれども)生活の基準は申し訳ないが、ライブではない。

 

そうしたいのは山々だけど、仕事をしたり、日常にはいろんなシガラミがあるしそれを取っ払うことはできない。お金稼がないと(仕事しないと)ライブにだって行けないでしょう?

そこがクリアーにならなくて行けない人はたくさんいると思う。

 

「でも好きだったら予定をやりくりしてどうにか駆けつける」けど、

 

自分が大好きだったバンドを観るために通っていたライブハウス(LIVE)でもさ、

色褪せたら通わないよね?そこを無理して「頑張って通う」必要性ってなんだろう

嫌になったら来ない。あたりまえのことじゃない

 

う通わないに則って話すなら「好きだったら通い続ける」までの話。

来る人拒まず、去る人追わず。「頑張って通う」って、何の苦行だろうね。

 

もしかしたらそれを言った人たちの中での「常識」なのかもしれないけど、

「自分の常識を他人に押し付けてはいけない」のです。

お願いだからこれを自由なはずのライブハウスでやらないでくれ。

こういう人がライブハウスの重い扉をより重くしてハードルを上げているんだと思う。

自由な場所を窮屈で退屈な場所に追い込まないで欲しいのです。

そして最後に補足として言っておきたいのが、

ライブハウスはヒエラルキーなんて存在しないフラットで自由な場所です。

そこに常連だから云々とそんな事持ち込まれても知りませんし、新参だからって身を狭くする必要なんてない。 会社じゃないんだからさ

 

こんな後ろめたい文章で末尾を括るのも嫌になるので、最後にもう1つだけ言っておきたいこと書いて終わるね。

ライブハウスに来る勇気をくれた「某アーティスト」って言うのは筋肉少女帯大槻ケンヂさんです。わたくしにとっては永遠のヒーローであり偉大なミュージシャンです。

歩く道や人生を明るく照らしてくれる「サーチライトのような神様なんかよりよっぽど神な人」だと思っています。

 

みんなにとってライブハウスが最高な場所でありますように。

これからもずっと。

 

 

「あんぜんバンド」のレコードを探しています。

 

そういえばこのブログは写真とは関係ないことを書くためにはじめたものだった。

長らく更新していないとそういうのも忘れてしまう笑

ちなみに写真に関しては・・・

 

おもしろきこともなき世をおもしろく

 

にて、たまに更新している。そうたまに・・・笑

「撮影LIVEレポート」らしい。知らなかった。。。

書かないと忘れる。

実は今回書きたいことがあって更新したのだが、

このままの流れで更新すると話の振れ幅が大きすぎるので

分けて更新したいと思う。

素っ気なく終わるのもアレなので最近高円寺でベロベロだった時に

ムードブレイカーズの個性派奇天烈ドラマーいでかずと氏と

高円寺で偶然遭遇した時のショットを貼っておく。

 

f:id:s_kinkakuji:20170725152817j:plain

 

そう、タイトルにあるのはまさにその通りのことです。

探してるの、、、

 

 

97日後の生還

 

今週のお題「自己紹介」を書いたのはいつだったか?

調べると97日前と出てきた。約3ヶ月前。

 

前回更新のブログ冒頭に・・・

 

先に言っておくと週中で飽きて書かなくなる!という可能性も十二分ありますけどね。

 

と、書いてあったが1度目の更新で飽きて書かなくなってしまっている。

末尾に「合掌」と結ぶしか上手くまとめる方法が見つからない次第です笑

まあ、またいずれ気が向いた時に更新するだろう、この件に関しては。

 

最近、撮った写真。

お客さんとしてLIVEに誘われ遊びに行ったのですが

バシバシ写真を撮ってもいいと言ってくださったので

バシバシ撮らせていただきました。

 

 

f:id:s_kinkakuji:20170724172311j:image 

 

f:id:s_kinkakuji:20170724172313j:image

 

f:id:s_kinkakuji:20170724172318j:image

 

f:id:s_kinkakuji:20170724172339j:image

 

f:id:s_kinkakuji:20170724172440j:image 

 

 f:id:s_kinkakuji:20170724172446j:image

 

 

量が膨大なので、普段は公開していないFlickrを公開しています。

よろしければご覧ください。

あの時の感動や音を感じてもらえたら嬉しいです。

 

2017.07.14

【BACK FROM THE GRAVE RETURNS 俺のチャックをおろせ!”VERY GOOD!”-Chuck Berry Memorial Live-】
@U.F.O CLUB

★【前半〜中盤】

https://www.flickr.com/gp/140809345@N03/P59mkz

★【後半】
https://www.flickr.com/gp/140809345@N03/6506tw

 

上記イベント、出演者詳細

 

Live:
ROCK JUICE
a mole under the eye
The Promised Lands(Chuck Berry Tribute Band )
Member:
Rockin' Enocky Thunderbolt (Jackie&The Cedrics)
Miyagi (Texaco Leatherman)
Kawamoto (The Titans,Firestarter)
Akahoshi (Mach5)

and Guest Player (A to Z)
Akane Kondo(ex.THE MERCIES)
CHIE(LEARNERS/CHIE&THE WOLF BATES)
Eddie Legend (MAD3)
Ippei & Captain O(Soulcrap,Mega Munch Oysters)
Kaoru (The Great Mongoose)
Keiji Ronson (Young Parisian)
Maki(イエスタデイ・ワンスモア)
Makoto Miura (三浦住設)
Michael Mongoose (The Great Mongoose)
Naoya (Bobby's Bar)
Nemoto De Chobeaullet(Childish Tones)
Souta (Souta & The Blitz Attack Boys)
Taka Rock (Volume Out!)
Toyozo(THE FADEAWAYS,Nervous Hearts)
and more?

B.F.T.G. DJs:
JIMMY MASHIKO
DADDY-O-NOV
MR.DEATH

 

 それではまた!!

 

 

挑戦する「今週のお題」

今週のお題「自己紹介」

 

らしいので少し書いてみようと思う。

と思ったが…思った途端にめんどくさくなってきたので

小分けにして書いていこうかと思う。

だってまだ月曜だし。今週のお題な訳ですから、ええ。

先に言っておくと週中で飽きて書かなくなる!という可能性も十二分ありますけどね。

 

でも書きます。まずは、そうね。

写真を撮っています。

主にはライブハウスで写真を撮影させていただいております。

写真を撮るように経緯を話せば長くなるので割愛したいんですが、

今週のお題「自己紹介」はそういうことを書くためのお題なのだと思うので

割愛せずに書いてみます。

ちょっと長くなると思うので読む方は根気がいるかも…

ただ、書く方も根気がいるので頑張ってください(笑)

 

f:id:s_kinkakuji:20170418010905j:image

f:id:s_kinkakuji:20170418010913j:image

f:id:s_kinkakuji:20170418010921j:image

f:id:s_kinkakuji:20170418010924j:image

f:id:s_kinkakuji:20170418011033j:image

 

画的に文字だけだと飽きる頃だろうと思い、撮影した写真を挟んでおきました。

 

わたくしが写真を撮る、カメラを手に取ろうと思ったキッカケとなったのは

カメラマン・迫水正一氏の写真を見たことにはじまります。

 

つづく!!!

 

・・・ごめんなさい、書き疲れました笑

 

f:id:s_kinkakuji:20170418011045j:image

 

f:id:s_kinkakuji:20170418011129j:image

 

【1枚目→7枚目】

*ムードブレイカーズ 笹尾晴海

*ドラッグキャンディ (現・木造建築)
*Sylvain Sylvain
*Sylvain Sylvain BAND Jason Kottwiz
*The Seagulls
*どろだるま ヤマグチ
*ニトロデ

 

Sabure Kinkakuji☆ (@gold.harvest) • Instagram photos and videos

 

 

SHIRANGANAからの…

 

地方民であるわたくしはディスクユニオン」や「新星堂」「タワーレコードなんていうのは馴染みがなかった。

我が街ではJEUGIAというレコード店が幅をきかせていたので「タワーレコード」はあったものの、CDを買うなら「JEUGIAという選択肢を選ぶ人が多かった。

そもそも「ディスクユニオン」なんていうのは当時は東京にしかなく(最近、関西に上陸しましたが)

 

ディスクユニオンに CD売 られた

ウラウラウラウラ URARETA

 

と、グループ魂「AKIRARETA」で歌っているのを聴いてもピンと来ず「SHIRANGANA」と思ったものでした。

もちろん、歌詞のニュアンスでレコード屋というのは分かりましたが。

 

ちなみに新星堂はちょっと田舎の方にあるデカめのイオンとかに行かないとないのです。地方都市とはそんなもの。都会にイオンはないんだ…

(※我が街はタワーレコードがあったので田舎町ではなかった)

 

これもまたグループ魂

 

新星堂各店 におこしのあなた

いらっしゃいませ

 

と「魂の一曲目」で言っていたので、

「ああそういや新星堂ってあるね」って思ったくらい。

だって我が街には「JEUGIA」があったから。

そう我が街「京都」では「JEUGIAが最強」なんですよ。

滋賀県で「平和堂」が北海道で「セイコーマート」が幅をきかせているように。

 

タワレコ」のように、「JUGEYA」にも、いろんなアーティストが

(全国的な)有名無名を問わず訪れ、インストアイベントも行っていた。

(※地元にいた頃は「お笑い畑」の人だったので、それ関係のしか行ったことなかったですが…)

 

まあ「何で急にそんなことを言い出したのか?」というと…

 

 f:id:s_kinkakuji:20170415032908j:image

 

f:id:s_kinkakuji:20170415032951j:image

 

f:id:s_kinkakuji:20170415033037j:image

 

f:id:s_kinkakuji:20170415033109j:image

 

こういうの、地方にはないから。

やったとしても頻度は少ない。

やっぱ東京って都会ねってそう、なんか改めて思った。田舎もんかよ…笑

ボーッとしてたら喧騒と欲望に飲み込まれる街でもあるけど。

欲望の街…それは竹内力なんですけど。

力!力!竹内力

 

終わり。

要するに竹内力が言いたかっただけなのかもしれない。

 

 

花より

 

団子もいいけど花もいい。

さくら、花見もした。

残念ながらその時の写真はスマホで撮った為、ブレブレだったので「なし」!

 

後日、近所にさくらを撮影しに行ったのでそれを貼っておこう。春をお届け。

いつまでも寒いので春って感じがちっともしないが、視覚的な面だけでも…

 

f:id:s_kinkakuji:20170413204954j:image

 

西武線

あまり乗らないけど、この電車の色かわいいですね🌸

 

f:id:s_kinkakuji:20170413205015j:image

 

f:id:s_kinkakuji:20170413205024j:image

 

さくらの季節ももう終わりです。

儚い…

 

本文はここで終わります。

突然終わるブログなので、では笑

 

 

突然の劇終は常套

 

突然だが最近「悪夢を見る」

睡眠時間はそんなに長くはない。

どちらかといえば短い方で、昔から4〜5時間寝れば充分だ。

というかあまり寝ると目が覚めて寝付けない。世間では7、8時間寝ろ!というが、そんなもの苦行だ。わたくしからしてみれば。

で、話を戻すが「悪夢を見る」

急に口の中から血が湧き立ち歯がボロボロ取れたり、

ヒッチコックの映画「鳥」の如く、

鳥の大群に追いかけられたりする。

映画の場合「鳥」は“カモメ”であるが夢に見る鳥は“カラス”で的確に目玉をえぐり取ろうと集団で襲いかかって来る。

襲われているときは非常にスローモーな動きしかできず、手で払おうにもスローモーな動きしか取れないので追い払えきれない。

文字で書き記すと「あーね?」で終わらせてしまいそうなアレかもしれんが、当人からすると「たまらない話」なのである。

調べたところこれら総て立派な悪夢的事案で…(気になる人は各々)見る夢によって「現在、抱えているもの(問題)」が分かったりすることもあるのだとか。

ウソか本当かは分かりませんが…

我が睡眠を安眠から妨害し腐っている厄介な悪夢であることは間違いなさそうだ。

でもまあしかし、夢のことを云々言ったところで解決できないので「実際問題ではないのだから」と思いポジティブに行くしかないと思う。終わり。

そう、このブログは突然終わる。

昔のカンフー映画のように…劇終。

 

 

f:id:s_kinkakuji:20170406030930j:image

 

P.S

最近ポテトサラダを作りました。

割とこっちが本題なのかも笑